祖父の行きつけの寿司屋の板前が私の出産祝いにくれたらしい立派な人形がいつの間にか無くなってたので母にそれとなく聞いてみた→すると母が恐ろしい事を語り始めて…